• 庭野 祥

首を後ろに反らすと痛みが広がります(36歳男性)

最終更新: 7月5日


仕事がいつも以上に忙しくなり、首に痛みが出てくるようになりました。首を後ろに反らすと痛みが走り、背中の方まで違和感が出始めました。


なぜか右側のみに症状が出ているので「内臓でも良くないのか?」と思い病院に行きましたが、血液検査やレントゲンを撮ったものの、異常がないとのことで帰されました。


その後も症状は変わらず、肩もだんだんと重くなり、だるさが増して来て仕事に集中できないようになってしまいました。


今では首を後ろに反らす以外にも、右に首を傾けたり、右を向うとしたりすると首に痛みが起こるようになってきました。

Eさんの主な症状

・首を後ろに反らすと右首が痛い

・首を左に向けると右首が張る

・首を右に向けると右首に痛みが出るようになってきた

・右の手や腕もしびれや痛みを感じる



施術後の経過

●1回目

カイロプラクティック治療で、首を後ろに反らしたときの痛みの強さは半分以下になり弱くなったものの、症状自体は出たり、出なかったりと波がありました。首から背中にかけてのだるさは改善されました。

●2回目

来院時には違和感や手や腕の痺れなども特になく、施術後には首を後ろに反らしても痛みが出なくなりました。


痛み自体は2回の施術でだいぶ改善したものの、普段からお忙しく、長時間のデスクワーク下での体の負担を軽減させるためにも、オフィスでの正しい座り方(体の負担が少ない姿勢)や首に関わる肩甲骨のストレッチもご指導させて頂きました。



担当からのコメント

今回の首の症状は、首の後ろの筋肉がつった状態になっていました。ふくらはぎの筋肉でこれが起こると、こむら返りなどと呼ばれることがあります。


デスクワークの方の多くは、毎日同じ体勢で長時間の仕事をせざるおえません。この同じ体勢が長く続くと、体の特定の場所にのみ負担がかかり続けてしまいます。


この負担が体の限界を超えると、筋肉がつった状態や筋肉の細胞自体に傷をつけてしまいます。


体の限界と聞くと「いつも通りのことで、そんな負担の大きいことはやっていない」と仰られる方がいらっしゃいます。


確かに瞬間的な負担はそれほど、多くないかもしれませんが、それが毎日何十時間も続くと疲労は着実に積み重なっていきます。


Eさんの場合は、筋肉の細胞に傷はついていないものの、首の後ろに力を入れようとすると筋肉がつった状態になり痛みが起こっていました。


この固まりを緩めるために、筋膜を緩める器具(上部写真のナイフのような器具)を使いながら、肩甲骨周囲のバランスも整えていきました。


デスクワークのお仕事に限らず、勉強や家事、お子様の面倒を見るなど、生活の中では自然と首が前に出るような姿勢を強いられることが多くあり、これが長引き過ぎると首の後ろの筋肉に常に力が入ってしまい凝り固まってしまいます。


そうすると今回のように重だるさが抜けず、常に張り感が残ったり、動かすときに痛みまで感じる状態になってしまいます。


痛みは、体の最終的なサインです。筋肉の凝りは痛みだけではなく、血液の循環不足や神経伝達の妨げ(体の運動パターンが悪くなる)にもなりますが、ご自身のしっかりとしたケアやストレッチを行うことで良い状態へ促してあげることが出来ます。



▼ACカイロがオススメする「首を後ろに反らすと痛み」がある方にも手軽にできる「胸、脇の下、首のストレッチ」


首の後ろが痛いのですが、多くの場合は胸の前や脇の下なども固まっていて、これらのアンバランスさが首にさらなる負担をかけていることがあります。


*首の後ろが痛い方は、動画の「3番目の首の前のストレッチ」ができない場合もあると思うので、そのときは胸の前と脇の下を無理のない範囲で行ってみてください。

1. 胸の前側のストレッチ

腕を動かすときは必ずと言っていいほど、この筋肉に力が入っています。鎖骨の下にある胸の筋肉を押し続けながら、腕もグルグル回しましょう。


2. 脇の下のストレッチ

使っていなそうで、実はとても負担をかけている筋肉。肩を下からサポートしています。指を組んだら、伸びをして、そのまま体を傾けましょう。

3. 首の前側のストレッチ

ここはかなり重要です。


みなさん首の後ろや肩、背中など痛みを背面に感じることが多いと思いますが、この首の前側の筋肉。相当疲れています。


ここを楽にすることが首や肩こりを改善するための近道です。鎖骨を手で軽く押させて、そのまま顔を天井に向けます。そして右、左とゆっくりと首を動かします。


*ただし首の痛みで後ろに反らすことができない場合は1、2のストレッチを続けてもらい、首の前側は無理をしないでください。


/////////


ご自分では気がつきにくいのですが、実は体は色々な場所が連携を取りながら動いています。一見、痛い首の場所でもないところにストレッチそしても、「本当に効くの??」と思われるかもしれません。


もしあなたがいつも行っている体操があり、それらの効果がイマイチだなと思われたら、1週間だけでも良いので、当院の動画の体操を続けられてみてはいかがでしょうか。





▼リモートでカラダのケアを指導する「Online Active Care」

オンライン (Zoomを利用) で院長の庭野がオーダーメイドでセルフケアの指導を行う35分セッションをご予約いただけます。 自宅で実施できるセルフケアの方法や、自分に合った正しい座り方などでご質問があればお気軽にお尋ねください。



▼関連記事を探す

#お客様の声 #首の痛み #肩の痛み #しびれ #デスクワーク #ストレッチ

9,988回の閲覧

〒153-0042

東京都目黒区青葉台1-23-4 グランベル青葉台ビル5F
東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒」駅より徒歩5分

電話番号: 03-3716-3222

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2020 by ACカイロプラクティック