• 庭野 祥

体のバランスのお話♪

最終更新: 2019年6月19日

まずはじーっと見てみてください!!


.....かっこいいでしょ?笑


ということではなく…これはTensegrity構造(テンセグリティー構造)と呼ばれている模型で、張力(透明なゴム)によってバランス(木の棒)が保たれているという構造です。


これは人の体の「筋肉と骨格のバランス」を表現するのに適していると思います。


まず、写真の「透明なゴム=筋肉」、「木の棒=骨」を表しているとします。透明なゴム(筋肉)が色々な角度から木の棒(骨)を引っ張り合う事で、お互いのバランスを保とうとしています。ただ、何らかの理由で、透明なゴム(筋肉)が緩んで固まると、その先の木の棒(骨)は自然と引っ張られ、傾きます。

引っ張られてしまうと、その木の棒(骨)にくっついていた他の透明なゴム(筋肉)も一緒に引っ張られます。ゴムは(筋肉)は引っ張られると「何を!!」とまた引っ張り返そうとします。


要は何が言いたいかと申しますと、「右肩が凝っています」という方がいたとしても「右の肩の筋肉が固まって縮まりました」というだけでなく、同時に他の筋肉や骨も悪いなりのバランスを取るため、引っ張られ、引っ張り返します。


そのため症状が今回は右肩に出ていたとしても、様々なところに負荷がかかっているので一概に「辛い右肩だけが悪いのです!」とは言えないものなのです。



では「実際にどこが悪いのか?」と思われるかもしれませんが、その場所を探すのが我々の得意とする仕事の一部ですので、何でもご相談ください。




▼関連記事を探す

#健康コラム #筋肉 #骨 #バランス

22回の閲覧

〒153-0042

東京都目黒区青葉台1-23-4 グランベル青葉台ビル5F
東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒」駅より徒歩5分

電話番号: 03-3716-3222

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2019 by ACカイロプラクティック