• 庭野 祥

水泳のクロールを泳ぐ時に肩と腕が痛くなります(67歳女性)

最終更新: 3月2日



3週間くらい前からこの痛みを感じるようになりました。水泳のクロールを泳ぐときに右の肩と腕が痛くなります。これは右肘を上げる時と、水をかく時に感じるものです。7月に水泳のマスターズ大会があるので、練習量が特に最近は増えています。泳ぐスピードも以前より増しています。2年前に仕事をリタイヤしてから毎日ジムに通い、水泳と筋肉トレーニングに励んでいます。それまでは運動をしたことがほとんどありませんでした。肩こりや腰痛はあまり感じてはいません。大会直前のため練習を休むことも出来ないのですが、泳ぐと痛みが出てくるために困っています。



Bさんの主な症状

1:右肩から腕にかけての痛み

(クロールをするように肘を上げたり水をかいたりする動作でのみ)

2:肩こりや腰痛は特に感じていない



施術後の経過

1回目のカイロプラクティック治療で、肩を動かしたときの痛みは改善されました。しかし翌日に水泳の練習をしたところ痛みが再発。痛みの強さは弱くなるものの、練習をするたびに痛みが繰り返されました。練習量を調整(少し減らしながら)し、3回目の治療の時は肩の痛みも感じなくなりました。


現在では泳ぎ過ぎると痛みが若干出る場合もありますが、2週間に一度のメンテナンス治療を行いながら少しずつ距離を伸ばすトレーニングをしています。



担当からのコメント

肩の痛みは、筋肉の使いすぎによる疲れ(筋肉の痛み)、また肩関節の動きの悪さが痛みを感じる筋肉に負担をより多くかけていることが、主な症状の原因でした。「大会が終わるまでは練習量を減らすことが出来ない」との説明を受けたので、症状の改善も筋肉を使い続けることで遅くなることを事前に説明しました。練習量の減少にともない症状も徐々に改善をして行き、現在では痛みなく泳ぐことが出来るようになりました。泳ぐ量が少なくても、ピッチ(泳ぐペース)が早くなると実際には運動負荷が増えているのと同じことで、体の負担はやはり多くなります。

運動量をコントロールしながら症状の改善に努めますが、患者さんの要望があれば、運動量を減らさずに治療を進めることも可能です。しかしそのリスクとして、症状が改善するスピードが遅くなる可能性がある場合は、そのことを事前にお伝えしてカイロプラクティックを行っています。




▼関連記事を探す

#お客様の声 #水泳 #肩の痛み #腕の痛み

147回の閲覧

〒153-0042

東京都目黒区青葉台1-23-4 グランベル青葉台ビル5F
東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒」駅より徒歩5分

電話番号: 03-3716-3222

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© 2019 by ACカイロプラクティック